Spending all my 〇〇

Perfumeと日常の事を綴るブログ!良かったら暇つぶしに読んでね。

オフ会ってどんなイメージ?

サマソニの余韻と、

日常生活の調和が取れてきて

「次はラブシャだ!」

なんて浮き足立ってる今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

前回のブログの最後らへん。

オフ会の話について書くよーなんて記してました。

 

さあ、書こうと思います。

 

まず書きたいのは。

 

オフ会ってどんなイメージ?

私にとってオフ会は

 

オタクどもの集まり」というイメージです。

 

はっきり言って良い印象は抱いていませんでした。すごく言葉は悪いけど。

馴れ合いというか、内輪で盛り上がってる独特な雰囲気が苦手でした。

 

参加したこともないのに。

 

しかし、

自分の価値観はFPツアーで変わりました。

誰かと一緒に1つのライブの感想を共有したい…

 

そんな時に活用していたのはTwitterでした。

例えば……

 

140字でライブの感想をツイートすると、

同じライブを見た人や、Perfumeのファンから、「いいね」というリアクションが来る。

#prfm で検索すると、その日にライブ参戦した人の感想が読めたりする。

あの人はあの曲のあの部分を見ていたんだ……

なんて、自分の気付かなかったライブの演出や、楽しみ方の新たな発見につながる。

 

そしてどうなるか?

 

更にPerfumeの事が

好きになる。

 

という事です。

その頃から私はTwitterでたくさん発信したり、情報を吸収しようとしました。

 

するとある日です。

3月のこと。

 

はぶらし on Twitter: "3月6日の夜、同世代(20~25歳前後)のファンの方々で集まりたいなっていう話の宣伝です。ライブ終わりに大阪城ホール付近のお店に行って、感想だったりPerfume愛だったりを語り合いたいと思ってます。 yuuさん @yuu_perfume と共同での主催です。 興味ある方、いつでもお待ちしております! #Prfm"

 

 

こんなツイートを目にしました。

いわゆる「オフ会」のお知らせです。

何故かとても気になりました。

嫌悪感すら抱いていた

あのオフ会に自分は興味を持ちました。

 

そして、

勇気を出して参加させて貰うことにしました。

 

正直…すっごく緊張しました。

 

どんな人が来るのか……

どんな時間になるのか…… 

 

恐怖すら感じました。(笑)

会ったこともない人と、ご飯だなんて……

 

当日。

めっちゃ楽しかった

の一言。

 

そりゃ最初はみんな探り探りだけど。

 

でも、1人が今日のあそこ良かったね!

 

っていうと!

 

そーれな!!??

みたいな盛り上がり。

3時間なんてあっという間だった。

 

その時に自分は思った。

「本当に今まで損してたなぁ」

って。

 

ただの僻みだったのかもね。

ワイワイみんなで楽しそうにしてるのが。

羨ましかったのかもね。

その輪に入る勇気がなくて、残念だったね。

 

って。思った。

マジであのオフ会開いてくれた2人には心から感謝している。ありがとうございます。

 

そして、

「自分もこんな素敵な時間を作りたい」

そう思いました。

 

そうなったら、やるっきゃない!!

 

6月「Amuse Fes」のあとのオフ会では、初幹事を務めました。

20数人もの年齢もバラバラな社会人が集まり、ワイワイガヤガヤ。本当に楽しかった。

(ごめんね。遅刻したけど。)

 

この時全国各地から集まってくれたみんなが、

今とても大切なPerfume仲間になっています。

クセの強いおじさんやら、愉快なお兄さんお姉さん。本当にありがとう。

 

さて、このブログを読んでくれているのはTwitterで仲良くしてくれている、いつもの人達だと思う。フォローもしてないけど、なんか回ってきたから読んでくれてる人もいるのかも。

どうもありがとうございます。

 

そんな人達の中で、

自分と同じ様に「オフ会はちょっと……」

って思っている人が、もしいるのなら。

 

俺の主催するものに来て欲しい!

 

もちろん、Perfumeファンは沢山います。

そして、自分なんかより優れた企画力や、繋がりが多く、振りコピの人や、DJさんなど「界隈で有名」な人がたーーーくさん来てくれる様なイベントも沢山あります。

 

自分はそんなイベントは企画出来ません。

かたじけない。

 

しかし……

 

9月21日 土曜日 

新宿でとあるイベントを愉快な仲間達と一緒に作り上げてやります。

f:id:yoshimasa_pank:20190823144620j:image

We Cubed 

 

きっと「あなた」に楽しんでいただける時間になると思います。

 

何をするかと言いますと。

P Cubedに惜しくも漏れた曲達をかけて、

とことん盛り上がろうかなって。

のっちの誕生日、

メジャーデビュー記念日を祝おうかなって。

思ってます。

 

Perfumeの楽しみ方。

Perfumeへの愛。

それは本当に人それぞれだと思います。

家庭仕事の都合で、ライブには全然行けないからファンじゃない?

 

そんなことはないでしょう。

CDなんてTSUTAYAで借りるだけだし……

 

だからファンじゃない?

 

FPからPerfumeを好きになったから、

自分なんかは全然ファンとして浅いし……

 

グッズなんか全然持ってないし……

 

あのライブ行ってないし……

 

そんなこと関係ないでしょう。

 

僕は、Perfumeが好きな人とPerfumeの話をして、楽しい事をしたいだけ!

それだけ!

だから、会場の隅っこでじーっとみんなが楽しんでるところを見てるのが楽しい人は、それでも良し!みんなの前でワイワイ喋りたい人は喋れば良し!!飲み食いしてたい人はそれでも良し!(笑)

 

そんなオフ会で、日常の生活を忘れられる楽しい時間になって、Perfumeへの愛をみんなでぶつけ合いたい……そう思ってます。

 

内輪で盛り上がる会です。

僕が嫌悪感を抱いていた、オフ会です。

勇気を出して、次は一緒に楽しんでくれる人を探しています。

 

そうです。

 

あなたの好きな

Perfume

という共通の好きなモノを通じて、

あなたと盛り上がる時間です。

 

少しでも興味を持ってくれたあなた。

9月21日会場で待ってます。

 

詳細は追って発表します!

 

という、宣伝でした。(笑)

お疲れサマーソニック!!!

2019/08/18 暦の上では既に秋。

確かに日暮れの時間が早まっている事を、

何となく仕事の帰り道に感じていた。

 

それは秋が来て……夏が終わってしまう寂しさが強くなるから考えないようにしていた。

 

8月4日のロッキン

 

Rock in Japaaaaaaaaaaan!!!!!! - Spending all my 〇〇

 

も記憶に新しく、

でも、2週間は思ったよりも遠かった。

 

どんな風にサマソニは過ごすかなぁ!

どんな曲をやってくれるのかなぁ!

そんなことを考えながら指折り数えた日々。

 

立秋の8月8日を10日程過ぎた8月18日。

そしてこの日をやっと迎え、夏フェス2戦目!

 

SUMMER SONIC 東京公演に行ってきました。

f:id:yoshimasa_pank:20190819025503j:image

お目当は言わずもがな、我らの

Perfume さん

でございます。

f:id:yoshimasa_pank:20190819025529j:image

 

しかし、ステージを変えるとそこには……

f:id:yoshimasa_pank:20190820010533j:image

中田ヤスタカ/

きゃりーぱみゅぱみゅ

 

な……中田ヤスタカ……

神の名がそこに在らせられる……

しかもKPPとのツインステージ……

 

そうなると、サマソニ東京会場を訪れるPerfumeファンにとっては、

盆と正月とクリスマスと結婚記念日と誕生日とゴールデンウィークとシルバーウィークと学校の創立記念日で貰える休日(?)が一緒に来たような1日になってしまうのです。

それはもう、、、、

とんでもなく特別な1日です。

 

こんなにも特別な日は、

2年前のOTONOKO振りです。

あの時はヤスタカ氏によるプレイの

If you wannaに合わせPerfumeが舞うという、この世の極楽浄土の極みが金沢で起こった歴史的な1日。

その記憶も更にワクワクドキドキに拍車をかける。

 

まあ、一緒のステージじゃないから

そこまでの期待はしてなかったんだけどさ!(いきなりの現実的発言)

 

してなかったんだけどさ……

 

 

 

 

 

 

—2019/08/18 AM8:20 @幕張メッセ駐車場

天気は良好。

雲がちらほらと幕張の空に浮かぶ。

最高のフェス日和だ。

 

車を幕張メッセ駐車場に向け走らせる。

BGMは中田ヤスタカ、KPP、Perfume

バックミラーの鏡面が重低音で揺れる。

ついボリュームが上がる。

フェスへの興奮がそんなところに現れる。

 

駐車場に到着。

ポインコには目印になってもらおう。

3569のタオルをかけ、

50度を優に超える車内で待機してもらおう。

f:id:yoshimasa_pank:20190820013732j:image

 

行ってくるよー!

俺は今からフェスという楽しい楽しい場所にね。

 

身にまといしは、

シャレティルゥー、

チカチカタオル、

ネオセン、

ミツヤマキャップ、

レジ袋。レジ袋。。。。

f:id:yoshimasa_pank:20190820070252j:image

 

惜しい。惜しすぎる。レジ袋って!

いや便利なのよ?

どうしてキノウテキサコッシュを手に出来なかった……

 

それはロッキンに夜勤明けで参戦したからだ。グッズは昼前に売り切れるんだね!!

 

—AM8:22 @幕張メッセ リストバンド引き換え

 

マリンステージへ急ぐ。

グッズを手にする為だ。

 

いつもなら申し送りの時間だ。

仕事が始まる時間だ。

その時間よりも早く。

俺は今!

幕張で大事な買い物のために!!!

フェス会場へ来たんだ!!!!!!!!!

 

チケットを渡し、リストバンドを着けてもらう。これでようやくこのフェスに参加する権利を得た。

 

そうなればこっちのもの。

足が自然と早足になる。

まるで好きな人に会いに行くように。

大切な何かを取りに行くように。

 

今回Perfumeはマリンステージへ出演する。

その為グッズもマリンステージにて販売される。

幕張メッセからマリンステージへテクテクと高速移動。

シャトルバスというワープ技も検討するも、

 

9時30分からなのねぇえええ!むりじゃん!

f:id:yoshimasa_pank:20190821004854j:image

 

という事で徒歩。

道中歩道橋ですれ違ったマシュメロの頭被ったお兄さん生きて帰れたかな。

熱中症になるー!」って言ってた。

f:id:yoshimasa_pank:20190820070516j:image

R.I.P.あのお兄さん。(死んでないはず)

 

歩道橋に登ると、海が見えた。

少し目を遠くにやれば、

千葉マリンスタジアムの丸みが目に入る。

 

f:id:yoshimasa_pank:20190820070831j:image

 

いいですなぁ。この写真だけでアガる。

 

会場が2個あるなんて……

(チャーハンをおかずに白飯的な?あ、違うよね。)

本当に贅沢!最高かよ!?

 

ゲートをくぐり、ライトスタンド方向へ。

「アーティストグッズ」の文字。

 

俺は走った。

一緒に来てくれた友人を差し置いて。

 

サコッシュ1つください!!!(音量19)」

お姉さんにやや大きめの声で伝える。

 

その熱気がうっとおしいのか、

マニュアルなのか、

 

ゆっくりしっとりと

「不良品以外返品交換は出来ません。ご了承下さい。ありがとうございました。」と言い終わるまでサコッシュを渡してくれなかった。(笑)

 

f:id:yoshimasa_pank:20190820071839j:image

はいゲットォ!!!!

 

ありがとう!ようこそ!ようこそ俺の元へ!

これで夏フェスグッズを全て手にした。

 

あぁ…嬉しい…

何か買い物をしてこんなに嬉しかったのは久しぶりだ…

 

そんな事を考えながら、

メッセに戻りひと涼み。

いや、涼しい空間があるフェスって贅沢!

サウンドチェックを行うマウンテンステージを横目に、レインボーステージ前でしばし休憩。と、ストレッチタイム。

 

f:id:yoshimasa_pank:20190820122846j:image

 

さぁ、このあたりかな?

毎度お馴染み素敵な愉快な仲間達とのコンタクトに成功!

 

どうやら、いちご削りをお召し上がりになられていたようで。

 

俺はお腹壊すと思ったからパス。

本当にお腹弱いの。以後お見知りおきを。

 

さーて、どんどん仲間が増えていく。

f:id:yoshimasa_pank:20190820123139j:image

蛍光色を身に纏いし、Perfumeファンが。

楽しいが8億UP!!!

 

—AM 11:00

@RAINBOW STAGEキズナアイ

 

この頃だ。

本日の予定をみんなで具体的に考え出す。

 

「13時30分にはマリンステージにいた方が…」

「やっぱりヤスタカ神は拝みたいよね」

なーーんて。ほとんどが共通の意見。

そこに居心地の良さを感じるのはもちろん、みんなのお目当、目的は「Perfume」なのだから。

とりあえずこの時点で出た答え。

             「とりあえずなんか食べるか」

そうなるよな。

以降食べるタイミング無いもんね。

という事で

とりあえず軽く…

f:id:yoshimasa_pank:20190820123821j:image

軽いのかなぁ。軽くはないか。

 

たこさんウインナーのチーズビヨーンのやつ。

 

みんなで、光る床の上で食べた。

 

その時だ。

レインボーステージではキズナアイがパフォーマンス中。

 

実は見たくてウズウズしていた。

ふわり聞こえてくるMC。

「それでは!続いては中田ヤスタカさんに作ってもらった!AIAIAI!!」

 

始まるイントロ。伸びるチーズ。

 

自分の身体は、この音に合わせて動きたい!!と強く疼く。身体のうちから湧き出ずるエネルギーを抑えることは出来なかった。

伸びるチーズをすすり口の中に慌ててしまい込む。

 

とりあえず、

 

友人とみんなの輪を抜け、

 

入場口へ走る。

曲はもう始まっていた。

 

「♫ちゅめて!ちゅめて!飛び切り以外〜」

AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)

AIAIAI (feat. 中田ヤスタカ)

 

しかし入場の列は三列に折り連なっていた。

多くの人がレインボーステージに吸い込まれる。その行進のようなペースに、自分の身体は耐えられず、取り敢えず音に合わせて両手を広げ飛び跳ね、仕方ないから入場列から盛り上がる。

あぁ、この瞬間が最高に気持ちいい……

たまんねぇ!!!!

 

「まだまだいくよ!ほっほっほっほ!」

 

……

 

終わらないよね……

 

そんな一抹の不安を抱えながら、

入り口を目指し、

マサイ族のように飛び跳ねながら移動する。

 

 

そして、入口が見えてきたぞ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

入口に辿り着いた!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と同時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲が終わった。

 

 

そのまま出てきて、みんなのもとに駆け寄り

残りのチーズビヨーンのやつを食べましたとさ!

 

めでたしめでたし。泣

 

キズナアイのパフォーマンスはヤスタカ待機に重ね、ステージ最後方にてラスト二曲をみんなでワイワイ。

 

本格的な作戦会議もここで開催。

 

結局俺はヤスタカ、KPPを最後まで

存分に味わう事を選択。

……

あれ?

Perfumeに間に合わないのでは?

 

細けえこたぁ気にすんな。

そん時考えりゃいいんだよ。

そんな気持ちにもなるさ。

 

 

サウンドチェックで流れた、

わずかな重低音が俺の心を解き放ったのさ。

 

「あああー!俺無理だ!我慢出来ない!」

 

そして始まる

「盆と正月とクリスマス」

YSTK×KPPのステージ。

ごめん本当に楽しかったです。

 

どんなに楽しかったかって?

 

 

これを見てくれよ……

「群衆操作」だぜ?

俺らは音に合わせて、

右に左にジャンプしてんだぜ?

みんながカタマリで動くんだぜ!?

おいおい!みんな!フェスは初めてか!?

そんな事は関係ないだろ!?

目の前で音に合わせて右に左に跳ぶだけさ!!

 

俺らの周りは

「愉快な仲間」しかやってなくて本当に寂しかった。もっともっと左右に動き回りたかった。

 

ってくらいにまとめておこうかな。

 

ごめんね!

ここまで読んでくれてる人本当にありがとう!

 

ちゃんと水分取ってね!

 

まだPerfumeの話題出てこなくて退屈だね!

 

ごめんってば!(笑)

怒らない怒らない。

雑にスクロールしないでね。

 

 

はい。行くよ。

 

 

ステージはマリンステージに移動です。

 

—13:59 @マリンステージ のっちサイド前方

大きな野球場だ。

今日はここで音楽のお祭りだ。

とんでもねぇ楽しいお祭りだ。

 

僕らは

人を掻き分け掻き分け。最前を目指した。

いや、進めなかった。

 

それとホースによる水を撒かれたのがすごかった。熱中症対策ね。本当にバチャバチャ。

かけられた時は「やり方。本当ありえない。」なんて冷たいこと言ってごめんなさい。

 

気化熱バンザイ!!!

涼しくて有り難かったよ!

 

開演まで10分の時間。

またもや緊張が自分を包む。

自分がステージ立つわけではないのにね……

 

しかし俺らは

Perfumeのグッズを身にまとい、

Perfumeに会いに来た。

 

Perfumeに会いたくても、

仕事や家庭など様々な都合で会場に来ることが出来ない仲間たちが、

日本、世界に何万人が居るのだろう。

 

そんな事をふと考える。

今自分はこの会場にいることが出来る幸せ。

本当に奇跡みたいな話だ。

 

お留守番のみんなの思いを勝手に、

誠に勝手ながら!いつも感じてるんだ。

みんないつも「楽しんで来て!」とか

暖かい言葉を本当にありがとう。

 

尚の事恥ずかしい行動は出来るはずがない。

蛍光色は目立つ。

だから、より一層気を引き締めていかねば。

 

5分前。流れるは

Dream Fighter inst.

 

ロッキンと同じだー!

サウンドチェックとしてフルで聴けるなんて。

歌声は自分の脳内でRemixするんだ。

PPPHからの!さーーーきまで!

に関してはもう説明不要。全力で。

準備運動もしっかり完了。

 

始まるよ!始まるよ!!!!来るよ!!!

目の前のモニターに表示されし

Perfume


01 Start-up

ロッキンに続きこの曲からスタート。

灼熱に照らされるアリーナに、これから起こる怒涛のステージが始まる事を告げる、穏やかなメロディ。その冷静さが1秒でも早く三人の姿をこの目にしたい。そんな気持ちを熱く加速させる。曲終盤、三人は蛍光色の衣装を見にまとい登場。本当に眩しい。光り輝いている。蛍光色の衣装の模様が、どうしても甲冑に見えたんだ。この衣装をまとい、Perfumeは戦いに来た。そんな印象すら抱く。

さぁ、2019年夏フェス2戦目の始まりだ。

 

02 Future Pop

ロッキンと同じ流れ。

いや、FP公演と同じ流れだ。

もうこの自然な流れは体に染み付いている。

しかし、アコギの軽やかなメロディ。

かと思いきや脳幹を揺さぶる様な重低音。

挙げた手の指の先から音が染み込み、体の芯まで音で満たされていく。ああ……幸せ。

そんな多幸感に包まれる。

視覚的にもFPツアーの映像が背景にも存分に使用されていることに気付く。

この音、光、灼熱の太陽!

もっと…!もっと欲しい!

そうね、「もしあなたが望むなら……!」

 

03 If you wanna

 

ああ……もう

 

たまんねぇ……

 

夏の外でこのイントロは

おぉ……「刺さる」って感じ。

ロッキンでは味わえなかった曲をやってくれるだけでもありがとうが止まらない。

Future bassの曲を持ち込むあたりから、Perfumeの攻めを心意気を感じさせる。マジで夏フェスのこの一年最高過ぎん?あーもうたまらん!

 

04 Pick Me Up

まさか過ぎるよ……おいおいマジかよ?

ぴ、、ピックミーアッっ……

 

うわぁ嬉しいよ。嬉し過ぎるんだよ。

3.2.1で飛び跳ねられる感じね!

本当に

「無邪気になれるわ」あー好きだわ。

「楽しい時間を作り出して心が上を向いたら笑い合おう」

Perfumeからのメッセージにすら感じる。

今日もPerfumeに、この隣でフェスを見てくれる仲間に会えて本当に嬉しい。2週間おきに会えるなんて。はぁ、幸せだなー。楽しいなぁと。しみじみと。

 

05 ワンルーム・ディスコ

始まるイントロ。脳天に雷が落ちたような衝撃。

隣にいた仲間と手を取り喜ぶ。

斜め横のお姉さんの変な顔忘れられないなぁ。(笑)

 

本当に嬉しい!夏フェスでワンコ!?わわわわー!思い出すだけでもどうにかなりそう。

 

「Are you ready SUMMER SONIC!!!」

 

はいこのあ〜ちゃんの煽りで自分の中の何かが目覚めた。おはよー!

天高く人差し指を掲げる。

3人とファンとが一体的なあの時間。

Perfumeファンとして誇らしい時間だ。

 

<MC>

雷雨を呼んでしまうからサマソニ出られなかったという話、蛍光色の衣装の話。

「グッズの色とお揃いにしたんだよっ!」

その気持ちが本当に嬉しすぎる。

他アー目当ての人は最前に居ても、グッズなんかは持ってないしね。蛍光色のかけらもない。

でも、本当にPerfumeが好きでYouTubeの前でネオセンやらチカチカタオルを握りしめているファンだっているわけさ。

本当に心からファン思いというか、優しいなあ。あったかいなぁって思った。


06 ナナナナナイロ

はい待ってました。

やってくれるのは暗黙の了解。

もう大好き過ぎて辛い。

ナナナナナイロを愛する隣の仲間と一緒に

ステージを食い入るように見入る。

 

ナナイロっ!Hey!/

のところで1度目は手を挙げてたのに、

それ以降見入っちゃってそれどころじゃないところが、彼女のナナナへの愛の本気を感じさせる。なんか見てるこっちも嬉しかった。

ナナナ良いよね。本当いいよね。

 

07 エレクトロ・ワールド

なーんて感傷に浸る余裕は与えないよ?

だーって目の前でこれからエレワが始まるんだもん。

考えられない……もう本気?

サマソニでエレワ……?

力の限り、声の限り全力で行くしかねぇ!

ってことで、カウントダウン紅白よろしく全力で行きました!

みんなとの一体感、Perfumeに届けたいこの熱量!って感じがたまらなく良かった!

やっぱり最高エレワ!!!

 

P.T.A.のコーナー>

今回はドームツアーの発表もないから、腰も抜かさずに全力でやれたよ♡

まあ、のっちとの距離は遠かったけど、、きっと「あれ、、いないなーあの蛍光色軍団……」ってなってくれたかなぁ。くれてないよね。大丈夫!

 

ハッピー!🤗

ハッピーー!🤗

注入〜🤪

 

に関しては、やっぱり全力でやったもの勝ち。

理性飛ばしたもの勝ち。楽しんだもの勝ち。

はみがきのうたでも高く跳んだぜ。

やっぱり全力でやるってのは大事なんだぜ?

なんで、配信であんなぬるいリアクションの最前を映すのかな……なんてぶつくさ文句を言ってみる。15列くらい下がれば最高にハジけてる3人組がいたのにね……

YouTube〜♡ってあ〜ちゃんが言ってたのは本当嬉しかった。お留守番のみんなとも楽しいを共有できたね。

さあ、今日もくるぞー!おーどるーよ!


08 Party Maker

ふぇい……ぱーりーめーかー!!?

裏切られた!!!!マジで!!?

ここの曲も変えてくれるの!?ふぇいきっ!じゃないの!?

ふぁーもうアドレナリンがとまりませーん!

叩く手の力もコントロールできませーん!

裏拍とかもうよくわかりませーん!

自分が正しいと思うままに、この曲にノる。

あ〜ちゃんが近くに来てくれるのは中々レアだからあ〜ちゃんばっかり見てた。

あの自分のパートに入った瞬間覚醒する3人がたまらなくカッコよすぎる。

汗が……汗が止まりません……

3人の汗をかき、髪がまとわりつく感じ?

言葉に出来ない。

YouTube配信の映像に関して、あえて苦言を呈するならば……カット割りは大失敗だね。

覚醒するのっちが映らず、一般市民を映したりは違うだろう……

YouTube組の皆、会場の3人は相変わらずキレキレだったから安心してね?

のっちはお立ち台の上でいつものようにゴリゴリ踊ってたよ。

 

09 FUSION

えっ……

え?

正直頭がついていかない。

フェスでFUSIONって……想像もしたことがない。新しい経験に心がざわつく。

しかし身体は揺れる。

FPツアーで見たあの背景映像とともに……

うわーこれは貴重なパフォーマンスだ。

自分の中の確信的な何かがそう言う。

この空気、パフォーマンスを目に焼き付けたい。蛍光色の衣装で踊る3人本当にカッコよかった。

 

10 無限未来

この曲に入る前に

「まだいける?大丈夫?」

ってステージ袖と打ち合わせしてたのが気になった一曲。

「みんなの未来は明るい!」

この曲とそのメッセージが、次会うときまで自分を突き動かしてくれるんだよな。

3人の力を存分に分けてもらおう。

そして、元気でまた会えるように。

 

それでは!Perfumeでした!

 

まとめ

ロッキンに比べて、「攻め」のセットリスト。

外国からのアーティストが多く、ファン層がロッキンとはえらい違いだったはず。

そんな中、あのセットリストで「Perfume」を表現する我の強さ。好きだよ。

単独公演とは異なり「持ち時間」が限られるフェス。そこで俺らからすれば「いつものPerfume」が味わえるというのはとんでもなく贅沢な話。

 

ツイッターを徘徊していると

P.T.A.のコーナーはやらなくても…」

「あのセットリストだと初見の人はな…」

なんて意見も。

その人達の視点はPerfumeマーケティングかなにか?なんだろね。

ご新規さんにいかにPerfumeを好きになってもらえるか。みたいな視点なんだろうな。

うんうん、分からんでもない。

分からんでもないけど。

 

はっきり言ってどーーーでもいい。

 

Perfumeの3人が僕らの前に元気に現れてくれる。それだけで幸せ。

もっと言えば9月18日リリースになるP Cubedを引っ提げた内容のセトリをやってくれてる。

そして、こんな曲があるんだ!?

なんて刺さる人に刺さればいいんじゃないかな?

 

音楽の楽しみ方、Perfumeへの愛。

そんなの人それぞれ。

 

そこに数値化できる何かは関係ないってずーーっと俺は思ってる。

いつから好きなのか、どれだけライブに行ったのか、いくつグッズを持ってるのかなどなど。

 

そんなことより!

「『自分が』Perfumeをいかに楽しめるか」

最前列だろうが、隣が地蔵だろうが、周りが他アー目当てのアウェイでも。

最近はそれが本当に大事だと思う。

 

続きのお話は……また別のブログで……!

 

Perfumeの出番のあとはみんなでマウンテンステージでゴロゴロして。(ゴロゴロってなんだよな?)

かき氷食べて……

f:id:yoshimasa_pank:20190821190539j:image

海行って……


f:id:yoshimasa_pank:20190821190707j:image

f:id:yoshimasa_pank:20190821190637j:image



エモーーーい!!!!!!

楽しいがいっぱい。

 

ってことで、この後は楽しい楽しいオフ会が。

 

 

その記事はまた上げるね。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

SEE YOU NEXT Festival is....

8/31 Sweet Love Shower!!!!

f:id:yoshimasa_pank:20190821191029j:image

祭りのあと……

 

 

 

音楽の持つ力

ある昼下がり。

とある病棟のスタッフステーションに

車椅子に乗った患者さんが6人ほど集う。

 

70〜80代の男女。

疾患の症状で上下肢の麻痺や、意識障害に加えて、認知症の症状がある。

 

ステーションで車椅子に乗っていても、

目をつぶり寝てしまう。

看護師としてそれを放っておくことは出来ない。

 

「日中は起きて、夜眠る」

という人間らしい生活のあるべき姿の為に、日中に車椅子に乗ってもらい、ステーションで過ごしてもらう。

 

 

 

 

 

 

……なんて

 

 

 

 

 

 

 

正直看護師のエゴ。

車椅子に乗ってもらっても、

付きっ切りで何かできるわけではない。

 

正直言って寝ないように

強制的に起きてもらってる。

 

正確には

車椅子に"乗せて"、

ステーションに"連れて来て"

"起こす"という表現が正しい。

 

自分1人に対して、多い時は6人の受け持ち患者、それに加え、ナースコール対応など。

正直忙しい。忙しくて手が回らない事もある。

 

 

 

なーーーんて。言い訳。

 

 

だと、自分は思ってる。

どんなに忙しくてもその日受け持ちなら責任持ってケアしたい。丁寧に関わりたい。

って思う。けど出来ないのが現実。

 

だから、自分の受け持ち患者をステーションに連れてきた時は、精一杯に退屈はさせないようにする。

逆にそれが出来ない時は、ステーションに連れて来ない。

ベッドの頭を起こし、眠らないようにその人のベッドサイドでおしゃべりをしながら電子カルテに記録を書いたりしてる。

 

自分に余裕があって、患者さんの調子も良くてステーションに来られる時に自分がやるのは

 

YouTubeで音楽をかける。」

 

これだけの事。

 

 

 

「〇〇さんー、好きな歌手は誰ですかー」

 

80代後半の男性患者に私は問いかける。

 

 

「🙃🙃🙃」

 

反応はイマイチだ。

 

「〇〇さーーーーん!!!誰か好きな歌手いないのー!!!」

さらに呼びかける。

 

 

「(石原)裕次郎かねぇ」

やっと反応する。

 

 

よっしゃ!きまり!

 

すかさず、検索欄に石原裕次郎と打ち込む。

自分でもわかる嵐を呼ぶ男 をとりあえずかける。

嵐を呼ぶ男

嵐を呼ぶ男

 

 

イントロが流れ歌が始まる。

 

 

するとじーっと聴き込む患者さん。

目をつぶる患者さん。

 

 

どう?

なんて聞いてみる。

 

返事はない。

 

どうよー?

さらに問いかけてみる。

 

あぁ……いいねぇ。

温かなお湯に肩まで浸かったような表情で、

ボソッと彼はいう。

 

寝ているわけではなかった。

 

きっと、

彼は「あの時」に帰っていたのだろう。

 

嵐を呼ぶ男は1957年に公開された。

62年前…

彼はきっと僕と同じか、それよりも若い頃。

その頃に帰ったのだろう。

 

「♫おいらはドラマー やんちゃなドラマー……」

 

こんな入院中の単調な日々。

そのワンフレーズを聞いて、きっと20代の彼に戻ったのだろう。

そう考えた時なんだか、ハッとさせられた。

 

彼らの時代は液晶テレビとは程遠く4Kなんて、概念も存在しない白黒テレビに、フィルムの映画の時代。

 

きっと彼らにとって「推し」と呼べる芸能人の存在は、本当に遠い雲の上のような存在だったのだろう。

 

今の自分らは手のひらの上でスマホを使えば、

好きな時に、好きな動画をフルHD画質で見ることが出来る。無料で。

ネットを徘徊すれば毛穴まで映る超高画質な画像が転がりまわってる。これまた無料で。

 

また、ネットを使えばライブ中継が出来てライブ会場と同じ演出が味わえて、Twitterやインスタでは直接リプライがもらえたりして繋がれるなんて、彼らからすると夢のまた夢のような話だろう。

 

—彼はノートパソコンに目をやる。

「この人よりカッコいい男は知らないねぇ」

そう言った彼の表情には笑顔がこぼれる。

 

彼はいつも無口で、

家族が来たときくらいしか、自ら口を開くような人ではなかった。

 

そんな彼の姿に思わずこちらも顔がほころぶ。

 

 

よかった。

 

それだけ伝えて、自分はパソコンに向かい必死にカルテにその様子を書き記しながら、受け持ち患者の記録を終わらせる。

 

なーんて、仕事中のワンシーン。

 

タイトルにもしたけど、

音楽の持つ力

ってすごいよね。

 

楽しいがもっと楽しくなるし、

辛い時には目には見えない言葉の力が、心を軽くしてくれる。

今回みたいに時を操ることだって出来る。

本当に不思議な力を持ってるなぁって思いました。

 

ちょっと簡単にその体験をブログにまとめてみました。

 

 

さぁ、自分が85歳の時。

FAKE ITでテンションが上がればいいな。

ナナナナナイロで旅を思い出せればいいな。

 

それまで長生きしなきゃな。

頼むよPerfumeさん!

90歳でも武道館でライブしてほしいな!(笑)

なーんてね。

f:id:yoshimasa_pank:20190813034145j:image

写真は最近食べたラーメン。

美味しかった。

Rock in Japaaaaaaaaaaan!!!!!!

今日のブログは、タラタラつらつら書きます。

 

8月4日(日) ひたちなか海浜公園にて行われた

通称ロッキン。

 

今年はPerfume夏フェスの年!

って事で、夏フェススタートの第1戦に参戦してまいりました。

実は、行けるかどうか危うかったこのフェス。

師長さんに懇願して、

「夜勤明け」と言う事でおやすみをいただきました〜!本当にありがたい。

 

ん、夜勤明けでフェス!?

死ぬよねーなんて思ってました。

がしかし。そんなに死ななかったと言う事実。

それはまた詳しく後述しましょう。

 

夜勤入り前からそわそわワクワクが止まらなくてね。

「なんの服着ようかな〜」

「グッズぜんぶくーださいしよーっと!」

「帰りはスーパー銭湯でも寄って……よし!」

なーんて準備に準備を重ねてました。

 

病院着いても、

パウチタイプのアクエリアスいろはすを凍らせるという作業から始まり、なんとも働く気を感じさせない。(笑)

もうすでに心ここに在らず。

普段は仮眠なんて取れないのに、2時間寝れる余裕すらあり、「これは神様がきっと、ロッキンを無事に楽しく終わらせてくれるためのご褒美なんだ」と思いながらスヤスヤ仮眠をとりました。

勤務終了の、9時。

ダッシュで引き継ぎ、病院のシャワー室で身を清め。

身にまといしは、ハンドサインT!

本当に大好きこのTシャツ。

 

って事でルンルンで車へ乗り込み一路、常磐道を爆速しひたちなか海浜公園へ!

道中はサンボマスターや9mmさん、欅など出演アーティストの楽曲を爆音でプレイ。

暑さに慣れるためエアコンもつけないで窓を開けて運転してみたり。(5分くらいで限界)

 

海浜公園出口も5分くらいの渋滞。

ナナナナナイロ聴いてたらあっという間だった。

そして、駐車場はP4。

会場入り口まで歩いて20分くらいのところだったかな。

それでも、風に乗り伝わってくる音の波。

溢れんばかりのフェスを感じ、高揚感に包まれ、だらだらアドレナリンが出るのを感じながら炎天下の道を1人歩いた。汗もかいた。

いい準備運動だ。

 

そして正面入り口に鎮座する

「ROCK」の赤いオブジェ。

f:id:yoshimasa_pank:20190805030057j:image

くぅうううー!たまんないたまんない!

これこれ!これを拝みたかったの!

 

時刻は11時50分。

入場し、左手に黄色いリストバンドを装着!

これで俺はフェスに参加する権利を得た。

会場を急ぎ足で歩く。

まずはグッズだ。

「ぜんぶくーださい」しに行かねばならぬ。

その義務が俺にはある。

 

道中ちょうどHYの366日が聞こえてくる。

「こわいくらーい、おぼえてるのー」

通路にまではみ出たオーディエンスが、シンガロングをかます

この空気感……くぅううあああ!たまらんたまらん!!!これがフェス!This is Fes!!!!!

だなんて、感動に浸りながら、グッズ売り場を目指す。

f:id:yoshimasa_pank:20190805115554j:image

Perfumeのグッズ売り場を見つけ走った。

その時は一分一秒でも早く手にしたかった。

「いらっしゃいませー」

お姉さんが優しく声かけをしてくれる。

f:id:yoshimasa_pank:20190805030639j:image

しかし、俺の目には衝撃的な事実が。

サコッシュが……売り切れてる」

『ロックインなのに サコッシュねーじゃん!』

とあるお方もリプライにて応戦してくれました。



しかし、それはわたくしも最悪の事態を想定済み。初代サコッシュを実装してきたのです。

f:id:yoshimasa_pank:20190805031118j:image

とりあえずサコッシュ以外はぜんぶくーださいしました。

あ、シャレティルゥーってちゃんと言いました。

「シャレティルゥーのLをお願いします」

めでたしめでたし。

 

んで、シャレティルゥーを手に取ると……

なんやこの肌触り……サラサラや。

美しい……

と感動の嵐です。

 

そしてミツヤマキャップ、ネオセン、チカチカタオルを身にまとい、フェスの会場へ繰り出す。すれ違うキノウテキサコッシュを身につけた仲間に嫉妬をしながら。(笑)

 

最初はとりあえずNICO

なんか知ってる曲やってなくて、

そのままレッドブル飲んで、カエラさんのステージへ。

f:id:yoshimasa_pank:20190805031832j:image

カエラさんは初。

可愛い、綺麗、妖艶!

林檎姉さんとは似て非なる魅力。

リルラリルハ好きだなー。

そしてButterfly( not AA UTSUKUSHII)も生で聴けて感動。

 

そしてこの頃。

ロッキン参戦の仲間から連絡が。

 

「いまどこ!合流しようよ!」

 

寂しさを感じていたところだった。

会いたかった。そんなところに連絡が来た。

 

同じくカエラさんのステージを見ていたそうな。

送られてきた一枚の写真を頼りに本人らを探す。

見つけるのは容易かった。

 

蛍光色の人間を探せばいいのだから。(笑)f:id:yoshimasa_pank:20190805032348j:image

 

背後から隙を狙い射撃成功。

合流に成功した。

そうして私はぼっちフェスを脱した。

(楽しさ 7億up )

 

カエラさんの15周年記念メドレーに盛り上がり

そのあとはフォトスポットめぐり。

1人だと絶対出来ないことばかり。

f:id:yoshimasa_pank:20190805120140j:image

しみじみと「楽しい」と「嬉しい」と「Perfumeの番が近づく緊張」を感じてた。

なんで緊張するんだろね?自分がステージに立つわけじゃないのに。

 

とりあえずご飯でも食べるか〜。

なんて言って。

向かうはハム焼きです。

やっぱロッキン行くなら食べないとね!

ディズニーのポップコーン的な?(?)

 

f:id:yoshimasa_pank:20190805120405j:image

 

多分このあたりから【覚醒】し始めた俺は

ハム焼きがGAMEのライトセーバーに見えたんだよねえ……

f:id:yoshimasa_pank:20190805120627j:image

口ずさむ「♫play the GAME」

そっと掲げるハム焼き。

f:id:yoshimasa_pank:20190805120737j:image

 

「♫please again」

f:id:yoshimasa_pank:20190805120855j:image

説明不要。

この悪ふざけに応じてくれるところ本当に大好き。

とにかく美味しかった!

 

んで、サンボマスターが始まってて

最初はほぼ聞いてなかったのよね。

ハム焼き食べたり、飲み物買ったり。

そんでグラスステージ横のシートエリアの荷物の場所について行って、なんとなく聞いてた。

でも、なんとなくじゃ済まなくなってきた。

山口隆さんの魂の叫びが心に突き刺さる。

アツい。アツすぎる。

気付けば「できっこないをやらなくちゃ」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」をシートエリアでスタンディングでフル参戦。

「ラブアンドピース!!!愛と平和!!」

その後のPerfumeに向けグラスステージ入り。

歩きながら山口隆さんの魂のMCを聞く。

「なぁ!?おめーら!!?まだわかんねぇか!?今日のこの最高な空間誰が作ったんだよ!?なぁ!?おめーらなんだよ!?」

「こんな最高な今日が終わったら、またクソみてえな毎日が始まるかもしんねえ。職場・学校。クソみてえなつまんねえ毎日が始まるかもしんねえ。殺してぇ上司や先輩いるかもしんねぇ。」

もうこの部分で涙が堪えられなくて。

「クソみてえな毎日。クソなのはお前じゃねえ。毎日の方だ。」

その言葉でもう涙腺が崩壊。

サンボマスターに泣かされるとは。

なぜかPerfumeのイベントの前って、本当にしんどい事が重なるんです。仕事辞めてやろうかって思ってたところだから。あの先輩殺してやりたいって思ってたところだから。

自分に向けてこの人叫んでくれてるのかな?

って思うんだよな。心に穴が空いたところにそっと染み入るんだよな。そして心の穴が埋まるんだよな。音楽って本当に最高。

 

 

って、みんなで話しながらのっちサイド柵最前を確保。

 

さあお待たせしましたここからがPerfumeのレポートとなります。

f:id:yoshimasa_pank:20190805123032j:image

この位置……最高すぎません?

Party Makerやられたらどうしよう?

いろんな妄想が止まらず。

Perfumeの番までサンボ終わりから20分くらいだったけど、体感時間は5分くらいだったかな。

サウンドチェックで流れた

Dream Fighterのinstから爆盛り上がり。

最前だから重低音が比じゃないのなんの!

PPPHも、さーきまで!もきちんと全力でやらせていただきました。天高く昇ったお日様もPerfumeを待ち望むかのように、カンカンとグラスステージを照らす。

どこからともなく始まる手拍子。

長続きしないあたりフェス感。

とりあえず3人の名前は一回ずつ叫んどいた。

 

ここらで気づく。

あれ、この愉快な仲間たちと隣でPerfumeを見るのは初めて?

なんて思った。

 

NEXT artist is Perfumeが始まる。

ここからはPerfumeが作り上げるグラスステージ。

何の曲で出てくるか。どんな音が流れるか。

 

SE Start-Up

まさかのスタートアップ!!!???!??!?動揺が隠せない我々。

蘇る全国各地のFP公演。

これから始まるステージに毎回胸躍らされる、軽やかなメロディ。終盤3人はステージに登場。既視感のあるオレンジの衣装でございました。

 

M1 Future Pop

ウソだしょ?!FP!?

今日FP公演 茨城公演なの?!?!

え、超来輪とか、Tinyやるの?!なんて気持ちが先走る。Perfumeさーん!今日ロッキンですよーー!

なんて思ったけど、この流れは確実にPerfumeの形として確立したんだよな。

なんて思いながらこみ上げる全国各地の公演や、また目の前でFPが観れることに感動。

グラスステージにさわやかな風が吹き抜ける。

ステージの3人と、グラスステージのうん万人を包み込む。きっとFPの曲調が体感温度を2度くらい下げた。

 

M2 Spending all my time

と思ったらSpendingですか。

夏フェスで映えて仕方のないあのSpendingですか!?

もうこの辺からお留守番組のみんなの思いをぶつけねば、最前で誰よりもこのグラスステージのっちサイドを盛り上げねば。何よりSpendingが来たらコレはアガるでしょ!?身体が勝手に踊ってた!最高だよ炎天下のSpending。

3人のクールな表情を時々目の前のモニターで拝みながらとにかく音を楽しんだ。

重低音凄すぎてなんなら、高音域全く聞こえなくてちょっと笑った。


M3 FLASH

えええええええ?!?

まだ3曲目ですよ!?Perfumeさん!?

そんなに攻めるなら……

スタンドや、アリーナなら邪魔なイスが今日はない。心の底から踊り狂ってやった!

火花のようにFLASH!!!!!してやりました。

あんなにノリ尽くしたFLASHは初めてかも。

最高に気持ちよかった。クラップにも思わず力が入る。

 

M4 ナナナナナイロ

ここで先にお詫び申し上げます。

この辺りから僕の海馬はやられ始めてます。

記憶が途切れ途切れになるので正確なレポートは困難です。(笑)

そりゃそうでしょ!?

ナナナナナイロですよ!?生ですよ!?

あのテレビでまだ2回しかやってないナナナナナイロ様ですよ!?

パフォーマンスを一瞬でも見逃すまいと、クレーンカメラがステージに被ればしゃがみ、モニターを見つめ、3人のダンスをじーっと見つめました。好きと可愛いと嬉しいとが混ざり合って変な声出てた。「ふぁっうっ、うおー」みたいな。

まだテレビバージョンでしたね。フルではなかった。【これ大事】

だから予習の通り、煽られたら手を叩いて、サビではとりあえずフューチャーベースのノリをかましてノれた。気持ちよかった!

 

M5 ナチュラルに恋して

ごめん本当にどこであいさつしたかも

マジで確かじゃない。

ナチュ恋やってくれるなんて思わないよ!

アミュフェスぶりだね!久しぶり!最近よく会えて嬉しいよ!

きちんと手拍子の指示があ〜ちゃんからありましたよ!

こういう穏やかな曲って夏フェスに映えるよね!

 

M6 Baby cruising Love

軽やかに流れ出すイントロ。

言葉を失いました。

ぱひうむさんってば……

この曲フェスでいいんすか……

冷静に考えて?

この曲は2008年の曲。

古さを感じさせないよねぇ。

夏のひたちなかに響き渡るメロディ。

GAME Tourでやってた時なんかは縦ノリで羨ましいなぁなんてね。

あの頃ライブに行けてればなぁ。なんて思うんです。だから自分はサビが来ると、あの時参戦出来なかった悔しさを晴らすように、ノリノリで踊らせていただいてます。本当に大好きBcl。

 

⭐️「P.T.A.」のコーナー

我々陣取った、のっちサイド最前。

ありがとうございます!

目の前にはのっちさんです!

本当に白くて美しくて、笑顔が眩しくて、、

はぁああん!って。

 

そ   し   て

ここだったっけ?

ドームツアーの発表があったのは?

「のっちが近い+ドームツアーの発表」

=「理性の崩壊」が起こりまして(笑)

蛍光緑の軍団がタガが外れたように悲鳴に似た歓声をあげまして(笑)

俺なんかとりあえず「よっしゃあああああ」って言いながら柵を力の限りにぶん殴ったのは覚えてる。手の付け根痛い。

 

そんでみんなで肩組んで喜んで。

目の前ののっちに

構ってもらえた……

目があった指差してくれた……

あんな特濃なファンサービスはずるいです。

好きです。結婚してください。

 

私人生初の

「腰が抜ける」を経験しました。

with HARuさん。

 

発表された日程は2月ということだけしか記憶になく。

 

「ぜんぶいぐよぉおおおおお!!!!」

と目の前にいらっしゃる大本彩乃さんに叫び伝える。

PTAのコーナーまじで途切れ途切れの記憶。

男子〜女子〜そうでない人〜やったっけレベル。

ごめんねあ〜ちゃん。はみがきのうたは多分なんだけど、面白くないとか、恥ずかしいとかでみんな盛り上がれなかったんじゃなくて、ドームツアーの発表で心がついていけなくて俺らみたいに柵にうなだれることしか出来なかったんだと思う。(笑)

いやーあ〜ちゃんを無視してしまったのは初めてだった。(笑)

 

でも、目の前にのっちがいる手前、フロントエリアに陣取ってる手前、今日参戦出来ている手前!この貴重な時間は盛り上がるしかない!

気持ちを切り替えて、カウントダウンのエレワ並みに2回目のはみがきのうたで全力を尽くした!

怒号に似た声で

「あ゛ー゛っ゛でや゛っ゛て゛!!!!!」

「ピカピカ輝きまうす」

「ちゅっ」で大気圏まで突入するくらいの気持ちで跳躍した。 178センチの男がすみません。

なんかかしゆかがクレーンカメラの隙間から見てくれたよね。好き。

 

あとは、やついいちろうときゃりーとあ〜ちゃんがカラオケに行った話から

マイティDISCO

マイティDISCO

この曲をPTAのコーナーでやるもんだから。

テンション爆上げ!

全力でやらせてもらいました!

 

あーかあか あかあかるいよ!🤗

あーかあかあかあかるいよ!🤗

ハッピー!🤗

ハッピー!🤗

ちゅうにゅう〜🤪

 

頼むから

俺の大脳辺縁系前頭葉機能してくれ〜

理性が飛んでった。バイバイ理性。

職場の人間には到底見せることは出来ないレベルのハジケ方してたと思う。(笑)

 

そんなんで体力ゲージは残り0.1。

 

あ〜ちゃんは無慈悲だ。本当に無慈悲だ。

「おーどるよーFAKE IT!!」

 

M7 FAKE IT

完全理性の崩壊からのFAKE ITはもう麻薬だ。

跳べと言われたので地団駄を踏むようにめちゃくちゃに踊り尽くしました。

後ろにいたWANIMAのお姉さん3人組も爆盛り上がり!

それ見てなんか嬉しくて、とりあえず終わってハイタッチしといた。

そしたら後ろから「テンションwwwww」って言われた。どうだ、これがPerfumeファンよ。

WANIMAには無い魅力だろう。

 

M8 TOKYO GIRL

この立て続けに起こる大好きな曲達にちょっと体力がついていかず、曲前半は息を整えてた。

めいいっぱいに手を伸ばしてた。

いつもならクラップするけど、一緒に手伸ばしてた。

でもサビが来たらノッちゃうのよね!

 

あーもう体力がもっと欲しい。

 

そして、もっとこの楽しい時間が続いて欲しい。

 

そんなことを思っていると。ラストMC。

今回の曲目はP Cubedに収録される曲達であること。

 

あ〜ちゃんより

Perfumeの楽曲、ロッキンのアーティストの楽曲はこんなにもかっこいい。日本の音楽は本当に最高。みんなも胸張って愛してね?

そうしないとうちらも頑張れないじゃん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「だからこれからも好きでいてねぇ」

 

 

 

あーもう、涙腺が緩んで仕方ない。

 

好きでいますとも!

嫌われたって追い続けますとも!

 

 

あ〜ちゃんから

「来年で結成20周年突入です」

その言葉にどよめくグラスステージ。

 

そして

M9無限未来(記載忘れごめんなさい)

この曲はやっぱり尊い

Perfumeのこれからとこれまでを想像してしまう。

そして、Perfumeから「がんばれ」って、言葉で言われてるんじゃなくて、

窓の外に広がる美しい景色を「ほら、外綺麗だよ?もっと先一緒に行ってみようよ!」って手招きされてる気持ちになるんだよね。

背中を押すがんばれじゃなくて、手招きしてくれる応援って言うのかな?

 

30歳の女性達のグループが結成20周年。

奇跡のような話だ。

奇跡を僕らは目の当たりにしているんだ。

でも、それは必然なのかもしれない。

あの3人の人柄。周りの環境。

だから今このグラスステージに3人は立っている。

だから染み入る「無限未来」なのかな。

そんなことを考えていた。

 

「それでは!Perfumeでした!また会いましょう!」

 

3人のステージは終わってしまった。

 

放心状態の中グラスステージを後にする蛍光4人組。

俺なんかよくわかんないんだけど、いろはす頭からかぶってたよね?

あとで飲もうと思ってたのに。(笑)

 

目の前の水道におもむろに向かう俺。

ホースで水をかけ頭を冷やして。

全身びちゃびちゃ。

なんかそんなようなことしてたから暑さをそこまで感じなかったのかな。(笑)

 

 

反省会も楽しかった。

突然木に登り始めてみたり、公式がアップした写真をオマージュしてみたり。かき氷食べたり。

 

そろそろ未来へ帰らなくちゃいけないHARuさんと、アクモンさんをお見送りにいって、きせくんともさよならして。

 

そのあとはたまたま来てた中学高校の友達とちょっとだべって、バズステージでDJで知らない人とめちゃくちゃに盛り上がって。

花火見て帰りました!

 

ロッキンのまとめ。

 

とにかく音楽って本当に最強。

知らない人と繋がれて、人生の幅が広がって

弱った心の最高の治療薬。

自分で選ぶ最高の人生の相棒ですね。

 

ROCKってなーに?

って考えてみました。

多分、たぶんね?

 

自分をさらけ出す事なのかなって。

 

弱い自分、Perfumeが好きな自分、みんなとはしゃぐのが好きな自分、涙脆い自分。

それをさらけ出すのがこのロッキンというフェスだなって。

 

アーティストのみなさんはそのROCKを

それぞれの音楽を使って表現してるのかなって。

だからギターの歪む音楽だけがROCKじゃないなって。

 

改めて、Perfumeを好きでよかった。

Perfumeと出会えたこと、そして、その繋がりで素敵な仲間と出会えた事を心から誇りに思ってます。

本当にありがとう。

 

ロッキンでPerfumeに会えなかったあなた。

2月にドームで会いましょう。

 

そして、Perfumeの夏はまだ終わらない!!

 

NEXT Festival is

SUMMER SONIC 8/18

 

SEEYOU NEXT Festival!!!!

f:id:yoshimasa_pank:20190805142126j:image

 

本当にここまで読んでくれてありがとう。

8400字に愛を込めて。

おわり

 

 

シンクロのシティにて

どうも!よしまさです。

 

今日ついにTOKYO FMデビューしました。

あのPerfume LOCKSを届ける80.0MHz(東京地区)の電波に乗せて…Perfumeへの愛を語ってきました。(かなり大げさ)

 

詳細はと言いますと、銀座ソニーパークスタジオから平日月曜日ー木曜日15時からの

生放送番組 「シンクロのシティ」という

堀内貴之さんがパーソナリティーを務める番組の、「東京街角プレイリスト」というコーナーに出させてもらいました。

f:id:yoshimasa_pank:20190725003217p:image

そのコーナーは、

スタジオ前に集まったリスナーが直接聴きたい曲をリクエストして、そのエピソードをスタジオ内で直接話して曲紹介するというコーナー。

 

このラジオ番組自体はかなり前から聞いていて、スペイン坂スタジオ、半蔵門からの放送時代から聞いてまして。

すっごく生活感溢れる毎日のテーマ、でもオシャレで、聞いてて心踊る番組なんです。

 

水曜日の16時から東京街角プレイリストのコーナー。今日はエントリーしてみるかーなんて起きて思い立ったので、朝から扇風機を買いに行き、ラーメンを食べに行き。

f:id:yoshimasa_pank:20190725003426j:image

そのまま車で銀座に向かい、

15時30分頃現場に着きました。

 

暑い。今日は暑い。

 

ってことで、かき氷を食べながらスタジオ前で生放送の様子を見てました。(ラジオなのに)

f:id:yoshimasa_pank:20190725003600j:image

そして、リクエスト用紙をADさんがエントリーいかがですかーなんて配ってくれて。

ラジオネーム、職業、アーティスト、曲名を記入。エピソードなんてのは話せば良いやと思ったからほぼ適当。

とにかく Perfumeが好き!

って書いた。(笑)

 

そして、エントリーしたのは

Perfume ナナナナナイロ

その紙をADさんが回収しに来て、5分後ぐらいかな?

 

ADさん

じゃあ、よしまささん最後お願いします!

あ、通った。(笑)

本当は選ばれない可能性も十分にあったから、マジか。みたいな気持ち。一気に緊張してきた。

さっき食べた抹茶のかき氷全部出てくるかと思った。

自分の前に3人いて、その人達と励まし合いながらなんか待ってた。(笑)

そして、自分の前の人たちが喋りがうまくてちょっと震えた。(笑)

 

ぱ、はぱふいゅむがだいすきで、

とか噛み様降臨するかと思った。

 

いざ、スタジオ内に入るよーってなると、不思議と緊張は消える。

車の中なのよ。このスタジオ。

f:id:yoshimasa_pank:20190725004251j:image

目の前には30人くらいのさっきまで自分と同じ立場だったギャラリー。

 

クラスの前で発表するのと変わらないなー。

なんて思ってた。

 

いや よく考えろよ?

 

その目の前のマイクを通して

80.0MHzの周波数にのって、

お前の声が関東圏に響き渡るんぞ?

ましてや、radikoエリアフリーで聞くこともできるんぞ?何万人ぞ?

全国の前で、晒し上げられて発表してるくらいの気持ちを持たんか俺!!!

という気持ちにヘッドホンをつけたらなった。

(あれ、芸能人感あるよねー!あれね、ヘッドホンからは放送で流れてる音が聞こえるの!だから、後ろで流れてる音楽プラス自分の声も聞こえる。なんか不思議な感じ。)

 

そしたら、めちゃくちゃ楽しくなってきた。

 

放送に乗らないところの堀内さんもすごく優しくて

「よろしくねーー!看護師やってるんだー!どこで働いてるのー?今日お休みなんだ〜!」とか気さくに話しかけてくださって。

楽しさ爆発。

おれ、ラジオの仕事に転職するかな。

なんて考えた。

 

プロってすげえなあって思った。

 

そして堀内さんから紹介してもらって、スタート。

仕事のこと〜、

曲前のPerfumeの事に関しては自分でもくどくなく良く話せたって思う。自画自賛

もっと、しどろもどろでまとまらなくなるのかと思ってた。

質問が上手いんだろな…さすがプロ。

そして、「あんなに人柄が曲に出てるアーティストっていないよね。」

とお褒めのお言葉まで。

嬉しすぎる。ファンとして。

 

そして、人生初の曲紹介!!!

 

はい、それでは聞いてください

Perfumeでナナナナナイロ

 

ちょっと滑舌の悪さを恨んだ。

ナナナヌナイロ

になった。はずかしーやりなおしてー。

 

しかし、ディレクターさん。

すっごい気持ちいいタイミングで曲入れしてくれる。

最高だぁ…なんて染み入って聞いてた。

曲に入っても堀内さんが

「いやーいいね!よしまさくん最高だよ!ほんとにPerfumeが好きなんだね!」

「この新譜いつ出るのー?」

なんて聞いてくれて、「ええ!これは9月18日に出ます!」なんて言ってたら!

「あーまじか!そしたら、そのまま紹介もしちゃおう!フェスとかもあるんだよね?Perfume今年は!」って言われて「あります!」

「日程とか、メンツとか平気!?」って聞かれたから「あーーーたぶん!」って答えた。

同じ日に出る誰とかまで言って欲しかったみたい。

そしたら、ディレクターさんが後ろから

「42分にCM入りまーす」って言われて時計は39分。ナナナもバンバンバンの前。

 

堀内さんから

「はーい、よし、じゃあ頼んだよ!本当に好きな人が宣伝すると、しっかりみんなの心に伝わると思うんだ。」って真面目なテンションで伝えられたのが心に残った。

 

そしてバンバンバン。

堀内さんが「あーーこれこれ、これがPerfumeらしくて良いよね〜バキバキで!」とのお言葉。「そーーうなんですよ!!!!!」なんて相槌を打ってたらバンバンバン明けから、コメント入り。

さっきまで2人で話してたことをアシストしてくれる。

 

 

「これから夏、Perfume、フェスがあるって。」

と、Perfumeのフェスについての宣伝のお時間をいただきました。(笑)

おれ?!おれアミューズの人でも、Perfumeでも、なんでもない、ただのしがないファンだよ!?

と思いつつ、一生懸命宣伝。

 

ちなみに!

あの時手元に

資料は何もありません!!

それだから、サマソニとロッキンの順番が反対になっちゃったし、サマソニが18日って出てくるまで2秒くらいかかったの。(笑)

 

「そして新譜も出るって…」

 

 

あの時手元に

資料は何もありません!!

がピーキューブドに関しての情報をぶちかましてきました。

 

最後に堀内さんから

「やー!よしまさくん完璧過ぎるよ!情報が!」とのお褒めのお言葉頂きました!

そして、最後ディレクターさんからも

「いやー本当によしまさくん良かったと思うよ!曲もこれ新しいやつだよね、良いね!ありがとうね!」

とのお言葉を頂きまして。

非常にやりきった思いでスタジオをあとにしました。

 

本当に楽しかったの一言。

大好きなラジオに出させてもらって、

大好きなPerfumeの曲をかけることができて。

人生の中でも今日は忘れられない日になりそうです。

 

たまたま

あのユキジさんにもラジオをお聞きいただいていたようで……お恥ずかしい限りです。

ツイートで紹介してくださって。

ありがとうございました。



改めて、シンクロのシティのスタッフの方、堀内さん、そしてたまたまでも聞いてくださった方、そして、タイムフリーで聞いてくださった方ありがとうございました。

本当にいい思い出になりました。

 

そして、偶然でもこの放送が

Perfumeに届いていたら嬉しいなぁ……。

なーんて考えた帰り道でした。

おわり。

P Cubed

 

僕は数学が苦手だ。もとい勉強が苦手だ。

中でも数学はアレルギーレベルで出来ない。

中学時代の担任の先生から本格的に心配されるレベル。

 

ここだけの話、ここだけの話なんだからね。

本気で解いたテストで0点を取ったのは、

数学が最初で最後。

(クラス 平均点25点とかの異常なテストだったけど。謎だよね。)

 

まあ、そんな事はどうでも良くて。

 

Perfumeさんのベストアルバムの発表されましたね!

その名も

 Perfume The Best “P Cubed”

くぅうっ!たまらん!

たまりません!

15周年イヤー突入を記念して作られるベストアルバムです。

 

  Perfume 〜Complete Best〜

たしかPerfumeさんはこんなベストアルバムもリリースをされておりました………

 

あれから13年……

 

リリースするは、

P Cubed

 

って名前なんだから色々想像が膨らむな。

 

Cubedというのは立方体。

6つの正方形に囲まれた立体ですな。

 

個人的にタイトルの発表をうけて思い出したのは、リラクシィの完全生産限定盤の箱。

完全に形から思い出しましたね。

f:id:yoshimasa_pank:20190630024925j:image

そして、パッと頭に浮かぶのは

立方体って事は、

色々な詰め合わせになってるんだろな。

って事です。

 

52曲うち(新曲2曲)に、全曲リマスタリング

そして特典やらなんやら!

沢山つくらしいじゃないですか。

 

Twitterの方では個人的にも52曲を考えてみた。

f:id:yoshimasa_pank:20190630025152p:image
f:id:yoshimasa_pank:20190630025157p:image

うーんとね。

52曲に絞ることができない!

 

あの曲はPerfume初心者に聞いてほしいな。

いや!やっぱりこの曲は捨てられない。

そんな事をしていると、大好きなあの曲がエントリー出来ない。そんな事になります。

まあ、もうラジオの話だと収録曲は決まってるんだよね。どんなつながりになるのか気になる子ちゃんです。

 

冒頭で触れた数学が苦手。

なんで苦手なのか、なんで今その話なのか。

証明ってのが本当に嫌いだったんですわ。

でも、Cubedって名前から色々考えたんです。

そしたら数学的な事を考えていたのです。

ちょっとそれをアウトプットしたくなったので今回の投稿です。

 

Perfumeというと、なにかとこのイメージ

                            

直角二等辺三角形

まぁ、トライアングルってアルバム出してるからね。

よくTwitterの名前の横に付けてる方もいらっしゃる。(【坂】の界隈の方々も含め)

 

そこで疑問。

どうしてPerfumeは「正三角形」じゃないのか。

イメージとしては

「3人平等に支え合って」いうのがPerfume

ってなると直角二等辺三角形よりも、三辺の長さが合同で、内角が60度ずつという正三角形の方がPerfumeらしいのではないだろうか?

               △

と考えてしまう。

 

だがしかし、そうでないのがPerfume

 

うろ覚えですが、⊿リリース発表か、生放送教室かであ〜ちゃんが「誰かが上になる三角形ではPerfumeではない」みたいな事を言ってたような記憶。

 

それなら納得。

ヒエラルキーのピラミッドであ〜ちゃんが頂点なわけでも、かしゆかが頂点なわけでも、のっちが頂点なわけでもない。

ある時はのっちが先陣を切り、ある時はかしゆかが。あ〜ちゃんが。

そうして15年もの間、数多の苦難を乗り越えてきたはずだ。

 

点と点を合わせPerfumeが出来て、

線と線を合わせメジャーデビュー。

 

さまざまな憶測飛び交う中

Complete Bestのリリース。

オリコン一位を獲得したGAME。

 

1つずつ点と点を、線と線を結び、

強固な三角形となっているPerfume

 

そしてメジャーデビュー15周年の今年9月。

 

今までの直角二等辺三角形が組み合わせて、立方体となるのかなって。

 

それがこのベストアルバム P Cubedなのかなって思うんです。

 

三角形を組み合わせると普通に作る四角より強いって、物理でやった気がする。

まさに最強のベストアルバムになるはずです。

 

Complete Bestの時とは違うベストアルバム。

それはPerfumeの持つ力が桁違いなのはもちろん。あの時とこれからをつなぐ、ベストアルバムになるんだろうなって思います。

 

なんて事をつらつらと書いてみました。

きっとリリース後にリマスタリングされた曲を聴いてイメージが変わるんでしょうね。

そしたらアルバムのイメージも変わるはず。

そしたらまた書きます。

つらつらと。

 

恋とか愛とか

ブログやめてへんで!

皆さんお久しぶり!

 

アミュフェス行ってきたよ!

アミュフェスが幕張に来てからは皆勤賞。

 

今日ブログに書きたいのは、

久しぶりの

「マカロニ」「Baby cruising Love

がめちゃくちゃに絶品だった!

って事も書きたいんだけど。

 

アミュフェスに参加して思ったことを、

つらつらアウトプットしていこうと思う。

 

アミューズフェスに思う事

「フェス」と謳うが、

「ロッキン」や「ラブシャ」「サマソニ」などの派手さは無い。

個人的には「派手さ」が何かと問われれば、

「全身を使って大はしゃぎ」する場面や、

「観客の熱量」だと思ってる。

 

「観客の熱量」それが無いなんて自分は言い切ってしまった。それではみんなが「アミュフェスは、全身を使って大はしゃぎすることなく、客はライブに対しての熱量が無い」と言う事になり、自分も含め仲間を馬鹿にしている事になる。

 

そうじゃない。

実際、全身使ってダンスもしたし、盛り上がったし。

 

そうじゃない!

 

 

じゃあなんだよっ!!!!!!

 

 

「愛」

ですよ。

 

「愛」「Love」

 

f:id:yoshimasa_pank:20190602231920j:image

愛とは。

ネットで調べると上記の意味が並びます。

 

そう、俺が言いたいのはこれ。

 

アミュフェスって「愛」がすごいフェス。

 

 

 

まずはアーティスト。

アーティストの、ファンへの愛。

みんなにいかに楽しんでもらおうか!

という真心感じるセットリストや、企画。

 

そしてファン。

アーティストへの愛がすごい。

前へ前へ前へ、みんな気持ちがもうグイグイすごくて。(笑)

グッズの売り切れる速度の早さ。

 

要は、

ファンは、アーティストを愛してて

アーティストは僕らファンを愛してくれてる。

アーティストは同じアミューズのアーティストを愛してて。

 

「好き」だけじゃない

 

互いを認め合い、

互いが共にベストを尽くし合う。

優しく、でも強く、一直線に。

 

 

例えるなら家族みたいな?

父は母を想い、母も父を想う。

親は子を想い、子も親を想う。

みんなが集まる事で1つの集団になる。

 

そんな「愛」で出来上がっているフェスだと感じました。

具体的には…Perfume関係なくてごめん。

 

昨年は喉の治療のために参加出来なかったflumpool山村隆太くん。

 

そんな隆太くんの事を思って、

ポルノの昭仁兄さんがコラボとして歌ったのは

flumpool 星に願いを」

 

「隆太が良くなって、またアミューズフェスで一緒にステージに立てる日が来るように…」

みたいな事を昭仁兄さんが言ったのがすごく心に残ってる。

 

星に願いを よりワンフレーズお借りして…

"行かなくちゃ この目に見えない感情が"

"こんなにこの胸を熱くする 満たしていく"

 

ーそれから1年

山村隆太も含めた、flumpoolは再びアミュフェスのステージに立った。

そしてflumpoolのステージに立ったのは昭仁兄さん。

 

ステージで抱き合う姿に心が動かされた。

 

そして歌うのは「星に願いを」…

 

"わかったんだ 幸せってさ"

"ふたつでひとつ ひとつずつじゃない"

"すべてを分け合える 2人だけに許された願い"

 

アミュフェスって、

歌詞をモニターの下に出すから

余計にグッと歌詞が心に刺さるのよ。

 

途中から感動しすぎて、視界が歪んだ。

ひっさしぶりに泣かされたぜ…

まーじで音楽って最高だなって。

 

そこで気付いた。

このフェスが、アミューズのアーティストが、この空間が、そのライブを見ている自分の心が「愛」に満ち溢れてる事に。

 

先述の「ロッキン」「ラブシャ」「サマソニ

のフェス、出演するアーティスト、参加するファンに愛がないとは言いません。

でも、「好き」の表現が乱暴だったり、

クセが強いって事を言いたかったのです!

とか言いながらそのクセが強いモッシュとか、そういうのも好きな俺。んもうっ贅沢者だっ!(笑)

 

"恋とか愛とか"

 

どうしても恋人のLoveをイメージしちゃうけど。

日常の何にでも"恋とか愛とか"って大切なのかもしれない。

仕事に対しても、物に対しても、人に対しても。

 

いつも仲良くしてくれる人を少し思いやる。

いつも乗る車にありがとうって言ってみる。

 

相手を想う気持ちを言葉にする。

気持ちを行動にする。

 

なかなか難しいんだけどね。